陸にあがったクジラが、戦国時代に挑みます。
2017年03月03日 (金) | Edit |
2017年2月 vs 日雇い精鋭戦闘部隊戦
https://www.youtube.com/watch?v=3EA1xWq2b1U
(5戦目、12分12秒から)

【開始】
自操作狙撃vs鉄見散開陣
忍者部隊は、Aから侵入。
自操作狙撃は、囮弓1を連れてBから前進
【残り2分44秒】
自操作狙撃、狙撃地点に配置完了、狙撃開始
【残り2分32秒】
自操作狙撃、7発撃ち武将と虚報を撃ち終わる。
体力66(最大82)
【残り2分25秒】
自操作狙撃、8発目を撃ち、退却開始。
体力63(82)
【残り2分14秒】
自操作分離本隊に合流、集合命令を出す。
【残り1分58秒】
陣攻撃
【残り1分57秒】
釣られた武将討取り

検討
・武将4虚報3を釣るのに、7発12秒。
・よって1.7秒に1発(検証値では技量101なら1.4秒に1発可能)
・その間の自操作ダメージが、16。
・狙撃2体を守備・迎撃に分けたがどちらも反応せず。
・最後に侵入した敵にターゲット変える説は対自狙では微妙。
・業火は対策にならず。
・突進付き忍者4と結界の組み合わせは強力。

今後の方針
 なんの対策も立てなければ100%負ける。
よって、釣り対策との兼ね合いを考えながら、対策を試していく。

具体的改善点
・業火を守備虚報に変更。
・守備武将も検討。
・待機忍者の位置変更。
・狙撃の待機運用、遠射の配置等検討。
・釣り対策の枚数不足に対して、豪傑の導入検討。
・長期戦になった場合の膂力槍兵等の有用性検討。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する