陸にあがったクジラが、戦国時代に挑みます。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年02月13日 (金) | Edit |
1月の注目の対戦のもう一つ。
どむvsデススターズ戦の動画が上がっています。
釣り名人vs最先端の釣り対策の対決に注目です。

【ゆっくり実況】どむの戦じゃん攻略日記 Part34 vs デス スターズ

どむ:騎馬釣り餌忍4型BC侵入タイプ デススターズ:鉄見密集陣+狙撃2

【開始】
BCから侵入するどむ餌忍4体
同じくBCから飛び出すデススタ突忍4体。
うち3体が激突し、2体が絡み、最終的1体が守備忍化している。

【2分49秒】
餌忍初弾、着弾。

【2分43秒】
餌忍に撤退命令。

【2分31秒】
最後の餌忍、青アラート。
反対サイドの突忍が治療のターゲット。
自操作騎馬(92/96)
そのまま撤退命令を繰り返している。
(アラート中は命令無効)

【2分11秒】
青アラート忍者の撤退を諦め、転進。
自操作騎馬(41/96)

【2分5秒】
反対サイドから再突撃していた餌忍に撤退命令
これにより治療ターゲットしていた青アラート忍も撤退開始。

【1分55秒】
餌忍撤退完了
自操作騎馬(34/96)

【1分50秒】
騎馬突撃を諦め、端にいた忍4に突撃命令

【1分44秒】
自操作騎馬青アラート
以降、ぐだぐだ。
デススターズの勝利。

検討
・餌忍着弾がくじらっぴ戦より3秒遅く、突忍が3秒稼いだことになる。
・被対戦だけ見れば、突忍は突進がないほうがよく、対戦時とのバランスを検討。
・治療持ち忍者の餌忍としての欠点が確認された。
・治療持ちを使う場合は、餌忍のターゲット側の忍者の撤退を心がける必要がある。
・連のみ狙撃2で、29秒で餌忍をアラート化している。
・見鉄部隊は、餌忍の弾きはほぼ成功、踏ん張りも発生し陣が大きく崩れることはなかった。
・迎撃遠射?があまり働いていなかった。

自軍に取り入れたいポイント
・連のみ狙撃2で29秒で餌忍青アラート化は魅力。
・膂連狙撃1体より連2体の方が現在の所、優秀。

具体的対策
・突忍/作忍比率の再検討、序盤の3秒は大きい。
・狙撃の増員(1体→2体)

感想
餌忍の早期退却を心がけているdom軍が、理想的に退却出来て30秒かかるどむvsくじらっぴ戦参照)。
技量90後半の連発狙撃2で29秒で青アラート化というのか今後の目安。
餌忍BC侵入型は、AD型侵入型よりも退却作業が早いのがメリットで、にもかかわらずこれを上回るスピードでのアラート化は魅力。
ただし、
・餌忍4体と通常よりも1体多い。
・デススターズ軍の最終成績からみて釣りを完封してるわけではなさそう。
という点に留意。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。