陸にあがったクジラが、戦国時代に挑みます。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年09月16日 (火) | Edit |
 ①餌忍対策、②自操作騎馬対策と見てきました。
 しかし、いずれも釣り対策の決定版とはなっておらず、依然として釣り戦法は猛威をふるっています。

 そこで、最新の動きとしては、①の段階と②の段階の融合といった感じで、

砲撃の守備迎撃設定

という、対策が出てきています。
 従来、砲撃の作戦行動は、待機以外あり得ませんでした。
 正攻法に対して待機が非常に有効だったからですが、釣り戦法が普及するにつれて、簡単に釣られてしまうという待機の欠点が次第に目立つようになってきました。
 そこで、どうせ釣られるなら最初から守備迎撃設定で使った方が良いのでは?、という考え方が、2014年初頭辺りから出てきます。
 当初は、「釣りに多少効果があっても、対正攻法に極端に弱くなったら意味がない」という懸念がありました。
 しかし、正攻法に対しても極端に弱くなることはないと分かるにつれて、徐々に普及していきます。現在では多く軍団が、作戦砲撃をなんらかの形で導入しています。

 守備迎撃設定の砲撃を使う最大のメリットは、ターゲットの切り替えです。
 待機であれば、仮に餌忍者に攻撃をしてしまった場合、忍者が死ぬか重体になるまで、忍者を追い続けます。
 すなわち、釣られた上に、必ず非戦力化されていることになります。
 一方、守備迎撃であれば、最初に釣られることには待機と変わりありませんが、そのあとで餌忍者を追いかけ続けることはせず、別の相手にターゲットを変更する可能性が出てきます。
 釣られるけど、必ずしも非戦力化されるわけではないということです。
 守備や迎撃のターゲット変更は、自陣に近い方を狙う、最後にエリアに侵入してきたターゲットを狙う、等と言われていますが、例外的な動きも多々あり、完全には分かっていません。
 しかし、釣り戦法では、餌忍を完全に撤退させた後に、自操作騎馬のみで敵陣に突っ込む必要があるため、この瞬間、全ての作戦砲撃が、騎馬をターゲットする可能性が非常に高いことになります。
 むろん、釣り戦法を使う側も、対抗すべく工夫を凝らすので、作戦砲撃を入れたからといって、完全に釣りを防ぐことはできません。
 しかし、従来のように、餌忍で待機砲撃を釣って、あとは自操作騎馬でやりたい放題する、ということは簡単には出来ません。
 それだけでも、作戦砲撃の導入は、有効な対策だと言えるでしょう。

まとめると、

待機砲撃
・餌忍者に簡単に釣られ、そのまま帰ってこない。
・釣られなければ、最大火力で自操作騎馬を返り討ちに出来る。
・対正攻法に強い。

作戦砲撃
・餌忍者に、ほぼ100%釣られる。
・しかし、ターゲット変更する可能性が常にあり、簡単に非戦力化されることは少ない。
・対正攻法では、真っ先に砲撃が討ち取られる可能性が高くなる。

といった感じになります。

 作戦砲撃の数は何体が良いのか?守備と迎撃はどちらが良いのか?等は、各軍団の他の兵の構成で変わってくると思います。
 例えば、①の餌忍対策が充実している軍団であれば、それほど作戦砲撃は要らない、というような考え方も出来るかと思います。
 現時点で共通していえるのは、釣り対策を重視するのであれば作戦砲撃を増やし、対正攻法を重視する場合は待機砲撃を増やす、といった程度で、そこから先は、各軍団で試行錯誤を重ねていく段階だと思います。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。