陸にあがったクジラが、戦国時代に挑みます。
2015年01月30日 (金) | Edit |
どむvsくじらっぴ戦動画をゆっくり実況で上げてもらいました。
自軍の被対戦は、他の人は全員見れるけど、自分だけは見れないという代物なので、撮影してくれるのは大変ありがたいです。

どむの戦じゃん攻略日記 Part32 

どむ:釣り戦法餌忍4型BC侵入タイプ  くじらっぴ:鉄見散開陣+狙撃1

【開始】
餌忍4体をルートBCから進出させるドム軍。
餌忍4型は初見。狙撃対策&被対戦時のプレッシャー用か。
対するくじらっぴは、休止前の9月とほとんど変わらぬ陣形。
陣から4マス目ラインに展開した鉄見陣で餌忍・騎馬突撃を弾き、狙撃で動きを止める作戦。

【2分52秒】
餌忍の初弾が着弾。

【2分45秒】
餌忍に撤退命令開始。

【2分44秒】
どむ騎馬被弾(体力84/96)
原因不明。

【2分40秒】
くじらっぴ突騎馬討取られる。

【2分30秒】
餌忍撤退作業完了:狙撃から逃げるため逆サイドに移動。

【2分21秒】
騎馬釣り開始。(体力78/96)

【2分15秒】
騎馬突撃、着弾。
4回突撃するも、全て弾き効果が発動した。

【2分10秒】
騎馬青アラート(体力17/96)
5秒で体力61削られている。
陣内に撤退して回復。(癒所発動せず)

【1分55秒】
再出撃

【1分45秒】
2回目の騎馬突撃、着弾。
ここも全て弾き効果発動。

【1分40秒】
騎馬退避開始。(体力25/96)
虚報1を含む10体を釣ることに成功。
5秒で71削られている。

【1分20秒】
陣攻忍者流し込み指示

【1分07秒】
陣攻成功

敗因等検討
・餌忍を陣外にとどめるのは不可能。
・BC侵入型に対しては、正面柵での事故狙いも一考したい。
・BC侵入型対策として、待機影走はかなり有効。
・防御61見鉄に着弾してるが、弾いている。
・迎撃忍術が、騎馬の突入に際して働いていない。
・守備忍には、やはり見鉄が欲しい。
・突騎馬はなんのプレッシャーにもならない。

今後の方針
・大幅な方針転換は必要ない。

具体的対策
・BC入口に待機槍術or槍撃or騎馬を置く。
・騎馬侵入前からダメージを与えておきたい。
・狙撃2体で可能かどうか検討。(どむデススタ戦次第)
・守備見鉄忍者の確保。

他人の動画も参考になりますが、兵の詳細・配置・作戦行動まで分かるのは自分の被対戦動画だけです。
貴重な自分の被対戦動画は、こんな感じで毎回分析しています。

スポンサーサイト

2015年01月25日 (日) | Edit |
今月の注目の一戦。
けんささぐんだん(Knss流+炎術2)vsちくわ丼(治癒軍師+作6)。

http://youtu.be/FePCnODM7Eo

開始4秒で早くも狙撃2連発が入るなど、直前に入れた狙撃が功を奏したちくわ軍。
猛烈な弾幕でけんささの自操作影走を妨害しますが、けんささも狙撃が途切れた瞬間に上手く潜り込みます。

開始18秒で有効な初弾を打ち込み、ちくわ軍の守備隊を多数釣ることに成功。
その後炎術で焼き払いながら優位に進め、1分24秒で早くも10体の討取りに成功。
治癒軍師相手に驚異的な攻撃力をみせます。

押され気味のちくわ軍ですが、治癒含めた軍師隊は陣前に健在。残り十数体になっても陣攻を許しません。
ちくわ軍を残り13体まで減らした開始2分10秒で、ようやく陣攻が入り勝負を決めました。

結果は、けんささの勝利でしたが、最初の陣攻めはラッキーパンチ的なところがあり、その後確実に陣攻したのは終了1秒前でした。
また、knss流対策としては狙撃だけではやはり不十分で、脚の早い作戦忍者との連携、遠射等の補助で脚を止めないと難しいようです。

大変面白い対戦動画でした。とても楽しかったです。

2015年01月20日 (火) | Edit |
今月の注目は、なんといっても「けんささぐんだん」です。
オリジナル戦法「けんささ流」に加え、突撃高技量炎術2体という超攻撃的布陣で臨んでいます。
正攻法の天敵である治癒軍師持ちの軍団に対しても通用するのかが見所です。

次に注目は、「デス スターズ」。
こちらは、釣り対策として狙撃を2体雇用しての参戦です。
釣りに有用と言われながらも、火力低下の懸念から普及が進んでおらず、その状況下での2体導入は革新的です。
今月の戦果次第では、大きく流行を左右することになるかもしれません。

くじらっぴ軍団は、今月は自操作業火を主力に参戦予定。
作戦忍者ダクや治癒持ち相手にどこまで通用するのかを検証します。

炎術、狙撃2体、自操作業火と、これまであまりなかったタイプの挑戦が多いので、今月は非常に楽しみです。


2015年01月18日 (日) | Edit |
2014年12月末 全国ランキング
過去3カ月分のポイントを合計したもの。
1位20点、2位15点、3位12点、4位9点、5位7点、6位5点、7位4点、8位3点、9位2点、10位1点。チートは除外(繰り上げはなし)


 スポーツ新聞の見出し風にまとめると、
・虎タイガー、ランク1位を死守。
・ハットリ猛追
・ブーノ復帰戦勝利で飾る。
・よっくん、ひさびさの表彰台
といった感じですかね。